シンガポールのカジノ。中国経済に依存する総合リゾート施設のゆくえ

文化

Casinoだとクールなのに、その下に書かれた中国語訳の「賭場」を見る度なぜかクスっとなってしまういくさんです。こんにちは。

シンガポールには合法的にカジノを備えた総合リゾート施設が二箇所もあります。
一箇所目はなんちゃって5つ星ホテル、マリーナ・ベイ・サンズ(MBS)の地下で、アメリカ資本のラスベガス・サンズグループが運営するもの。

高級テナントを集めた併設のモールには屋内に川が設けてあり、手漕ぎのボートで施設を見て回ることもできます。これは本場ラスベガスで同資本が経営するベネチアンと(ちょっとショボイけど)同じコンセプトです。

image

二箇所目は、マレーシアのリゾート開発大手、ゲンティングループが運営するリゾート・ワールド・セントーサ(RWS)。ここは水族館とユニバーサルスタジオが目立ちすぎて最近までどこにカジノがあるのか知りませんでした。実際、MBSと比べると小規模。時々、カジノ内の特設スタジオでゲストの歌手が歌っていたり、カジノ以外のエンターテイメントにも力を入れているよう。

そう、二箇所とも外国の名のあるカジノ運営会社に経営を委託しているわけです。

日本でもカジノ導入が検討されているようですが、マルハンやダイナムが頑張るのか、それともこうした実績をもつ外資を受け入れるのか。実際、サンズグループは日本人カジノディーラーを大勢雇って日本進出の布石を着々と打っているとのウワサ。

これらの外資はシンガポールで2010年の開業から大成功を収めております。

しかしこれは彼らの経営手腕のみならず中国経済の急発展とちょうど重なるという、またとない幸運にも恵まれた結果なのです。

両カジノの内装は中国のラッキーカラーである真紅とゴールド。旧正月ともなればイベントを打って大陸からのお客様をもてなすわけです。

実際中に入ると、もう中国人しかいないんじゃないかと思うほど。MBSの宿泊客も半分は中国人と言われております。恐るべき中国パワー

 

image

 

…だったですが、共産党の汚職取り締まりが始まった頃から彼らの勢いにも陰りが。MBS、RWSともに売上は前年割れのようです。

そしてカジノの副作用…。

僕の中国籍の友人はギャンブル依存症になってしまい、ベンツが買えるほどの借金を負ってしまいました。高利のクレジットカードで。オワった。

そう、彼のようにオワってしまう方々が続出しているため、政府はあの手この手で国民をカジノから遠ざけようとしているよう。。。

今週末も彼と呑むのですが、かつての快活な笑顔が影ってしまい痛々しい。

カジノなんてそもそも無い方がいいのかもしれません。

Copied title and URL