シンガポールに雪が舞う!そのヌメヌメ事情

シンガポール生活

今晩は。いくさんです。

僕がシンガポールの超絶気に入っているところは、クリスマスシーズンでも灼熱で、シングルベルがまったく寂しくないところでございます。ちなみに我らが長屋ではイブ夜に鍋パーティを企画しております。そんなノリです。

それでも街はいたることろでクリスマスにデコレーションされ、巨大なツリーがお目見えしています。

これだけ暑いともういっそ割り切ってサンタがサーフィンで登場とか、ビキニギャルサンタとか、そういう南半球な方向に突き抜けてしまえばいいのに、あくまでやっぱり欧米のホワイトクリスマスを目指すシンガポールなのであります。

また、南国ならではというか、子供たちは「雪」というものにあこがれをもっているようです。子供だけじゃなく、この時期は同僚にも東京には雪があるか、どこに行けばスキーができるか、など雪にまつわる質問は結構受けます。

そういう夢を無理矢理かなえてしまうのがこのなんちゃって降雪機!!

Snapseed.jpeg

21世紀なんだし無理矢理雪を降らせるなんて朝飯前でしょう。でも、その技術をもってしても、赤道直下の屋外で雪を溶けないようにしておくのは難しいように思います。

しかし見てください!溶けてません!積もってます!

Snapseed.jpeg

狂喜乱舞の子供たち。これがシンガポールの技術力です。

Snapseed.jpeg

でも、なんか様子がおかしい。。。

拡大してみましょう。

Snapseed.jpeg

アワアワしてます。

そう、これは洗剤を泡立てて扇風機でまき散らしてるだけなのですね。

なのでこのなんちゃって降雪イベントが終わったあとは大惨事。そこら中ヌメヌメで足下注意です。スポンジの彼からしてみたら、本来の姿に近づいたような気もしますが。

Snapseed.jpeg

泡を片づけるスタッフも大忙し。ほうきで掃いてます。っていうか泡ってゴミ袋に入れて回収するんすね・・・。翌朝には無くなってそう。

Snapseed-0.jpeg

ちなみにシンガポールではクリスマスから新年、旧正月が終わる二月上旬までがホリデーシーズンと認識されているらしく、(言うほど祝日ないんですが)いろんな催し物が開催されます。そしてそのイベントの度このアワアワまみれは続きますので、遊びにいらっしゃった際は滑らないように気をつけてくださいね。

Copied title and URL