StarHubにキレて電話を解約してから半年経ちましたが

シンガポール生活

みなさんメリー・クリスマス♬ これって明日言うべきでしたっけ?

日本ではクリスマス粉砕イベントが盛り上がっているようですが、ここシンガポールではムスリムが多いせいか社会の同調圧力が少なく非常に楽です。オーチャード・ロードのイルミも今年はしょぼくれてますしね。

弊社では一部のクリスチャンの同僚が無駄な昼食会を企画しておりますが、「半ドンになるならウザいけど参加してやるよ」くらいの気怠い空気になっております。

さて、シンガポールのKDDI、Starhubとの契約を解除し、SIMカードをハサミでぶった斬り、iPhoneがiPod touchに成り下がってから半年以上が経ちました。

結論として、大きな問題はありません。が、やっぱり細かく不便な点があるのでまとめます。

ケータイがウザいけど完全に手放すのは不安という方の参考になればと思います。

image

● 友達と外で待ち合わせるのが不便

はい、電話を持たない一番のデメリットはこれです。ウザい知り合いから無駄なメッセージが入らずスッキリする副作用として、大切な友人からの大切な連絡も受け取れなくなってしまいます。

僕は電話を解約するとほぼ同時にFacebookアカウントも消したのですが、結果かなりのトモダチがいなくなりました。連絡をする手段を持たない人を遊びに誘うのはめんどくさいですからね。

なんか寂しい響きですが、これが実に快感です。

いかに「付き合いがめんどくさい」と心の底で思っていた人間関係が多かったことか気付かされました。この精神的負担がバッサリなくなったのです。

逆に、そんな僕でも工夫して連絡をくれる友人だけが残りました。当然、僕からも慕っている人達ばかり。

無駄な人間関係がなくなってほんとスッキリです。

ただ、外出先での待ち合わせと、外ではぐれた時に大変困ります。この前もネムラの部会でイーストコーストパークに行った時、見事にはぐれてしまいJessicaさんを困らせてしまいました。これは恐縮なので、近日中になんとかしたいと思います。(と言ってから2ヶ月位経ちました笑)

● 各種手続きが出来ない

これは地味に困ります。引っ越すことになって家を契約する時、新しく投資用の銀行口座を開く時、書類に書く番号がないと門前払いの可能性があります。でもまぁ、僕は引っ越しも投資もしないんで問題無いっす。さぁ次!

● 日本からEMSを送る時に書く番号がない

これは非常に困ります。日本の友達に「EMSでラーメンと味噌を送ってくれ!」というと必ず「伝票に書く現地の連絡先ってなに?」と返ってきて応えることが出来ません。この前も、センター試験の受験票をEMSで送ってもらったのですが、伝票に存在しない番号を書いたために危うく封筒が行方不明になるところでした。

● 運送業者から不在の連絡が入らない

そう、シンガポールの物流はクソです。それを言っちゃうとサービス業全般がクソですが、物流は特にゴミレベルなのです。

日本の宅配業者のように、何度も足繁く届けようとしてくれないのはもちろんのこと、家にいたのに不在連絡のSMSが来たりします。届けるのがめんどくさいので居なかったことにしちゃうんですね。しょうもないです。

なので、ケータイがなくその不在連絡SMSすら受け取れないと、追跡番号だと「送達済み」になっているのに身に覚えが無いとかヤバい事態に。

このようにシンガポールでは一発目の配達で受け取ってあげないと非常に面倒くさいことになります。その後の流れは大きく2パターン。

1)近所のショッピングセンターにある預けボックスに放り込まれている場合
2)集荷センターに戻されるケース

(1)だと比較的楽で、不在連絡のSMSにあるパスワードでロッカーから荷物を出すだけです。
困るのは(2)で、書いた番号がいい加減だった場合は大抵こっちです。この場合は集荷センターに連絡し、最寄りの郵便局を指定して送ってもらい、郵便局にとりに行きます。これには+5営業日かかるので生鮮食品など送ってもらった場合は詰みます。

● 勤務先に連絡ができない

これね、電話捨てたっていったら会社から怒られちゃいまして。実際、シンガポールの電車は壊れちゃって動かなくなることがあるので、そういう時に会社に遅刻の連絡をいれることができません。でも僕は時間厳守の日本人だし、怒られて半年経つけどクビになってないし。全く問題なし!

 

結論として電話は不要である。あんなクソな電話会社と二度と契約しないんだからねっ!ふんっ!

Comments

Copied title and URL