シンガポールでナイトマーケット – Geylang Serai –

シンガポール生活

シンガポールでは毎年ラマダンの時期になると、Paya Lebar のエリアに巨大なナイトマーケットが出現します。

通りにも賑やかなライトが。雰囲気は完全にお祭りです。

 

ラマダン中のイスラム教徒は基本的に、太陽が出ている間に食事をしませんので、日没後の楽しみとしてたくさんの人が足を運ぶようです。

 

その混み具合と言ったらとんでもない。日本の夏祭りを思い出します。普通に歩くのも難しい。

グループで行ったら100%はぐれるパターンのやつです(笑) 人の熱気もあって汗だくになりますので、間違ってもスーツなんかで行かないようにしましょう!
マーケットでは色んな出店が出ています。ご飯を始め、洋服から絨毯まで。車も売ってたな。

伝統衣装も売っております。商品はマーケット価格で安いのでしょうか。さっぱり分かりません。

この日は仕事帰りに友達と一緒に行ったのですが、一番のお目当はこの【 Ramly Burger ラムリーバーガー】!!

 

こんな感じ。

ビーフ?のパティと卵が挟まっています。それにおそらくマヨネーズベースのソースがかけられていて、なかなかいける!
その他にも世の中のトレンドを追ってる出店もたくさん。エッグヨークチュロスとか、なぜかスパイシーソフトクリームとか。

たこ焼きやタイミルクティーなんかもあって、イスラム文化のものだけではなく、若者ウケしそうなお店がたくさん。

 

日本では見られない光景がたくさんで、歩いているだけでもなかなかおもしろかったです。

あ、そういえばミスユニバースのシンガポール代表の方に遭遇して一緒に写真を撮ってもらいました。シンガポール人にとってもこのナイトマーケットは毎年の楽しみのようですね。
このようなイベントも、多民族国家のシンガポールならでは。ラマダン期間中にシンガポールに来られる際はぜひ足を運んでみてください(^-^)/

 

Copied title and URL