シンガポールの地獄の門がようやく閉じたぜ

シンガポール生活

シンガポールで毎年8月はハングリーゴースト期間と呼ばれてる。

中国語だと中元節といって、帰ってきた祖先の霊をおもてなしするんだって。

日本でもお中元とかいうし、多分これ日本のお盆の元になった中華民族の風習なんじゃないかな。日本だけじゃなく中国本土や香港や台湾をはじめ、マレーシアやインドネシアの中華系の人達にまで脈々と受け継がれている。仏教や道教(ダオイズム)っぽい装飾だけど、中華系シンガポール人は口をそろえて「宗教は関係ない昔からの風習だ」という。

Sponsored Links

ハングリーゴーストはガチヤバい奴

日本でお盆は長期休暇をとれる貴重な行楽シーズンだけど、こっちの中元節はガチ。

家族総出でいろいろやって、先祖の霊をおもてなしするのだけど、そこまでガチな理由がちゃんとある。

まず、ハングリーゴースト。

腹ペコおばけ。愛嬌あるじゃん。こんな感じ?

いえいえ、中国語にするとハングリーゴーストは餓鬼

そもそもゴーストって鬼かよ。

見た目はこんな奴。

シンガポールでハングリーゴーストって呼ばれている餓鬼様。実はかなりヤバい奴。

シンガポールでハングリーゴーストって呼ばれている餓鬼様。実はかなりヤバい奴。

こんなの来たらめっちゃこわいじゃん。

日本のお盆だと「先祖の霊?俺の先祖が悪いやつのはずがない」という呑気なもんで、適当にナスやキュウリに楊枝をぶっさして帰って頂く感じ。

ところが中華文化圏の餓鬼様は、先祖の魂のなかでも成仏できずにダークサイドに堕ちてしまった困ったちゃんなんだな。

なので必死にもてなして帰って頂く。

もてなしで街がゴミだらけに

ゴミだらけになってしまったシンガポール

ゴミだらけになってしまったシンガポール

まずはこれを見て欲しい。ガチヤバな餓鬼様に帰って頂くために必死にもてなした結果がコレだ。街中がゴミだらけである。花火大会後の隅田川もびっくりだ。

このゴミの内訳はこんな感じ。

もてなしその1。ご飯を供える。

もてなしその1。ご飯を供える。

IMG_6834

もてなしその2。紙のお札やコインを供える。

もてなしその3。ろうそく並べて結界を張る。

もてなしその3。ろうそく並べて結界を張る。

もてなしその4。ニセのお札をお焚き上げ。

もてなしその4。ニセのお札をお焚き上げ。

シンガポール発のヘイズがヤバい

この幽霊払いのお焚き上げがヤバい。街中が煙い。インドネシアの野焼きを批判する前にご近所の焚き火で家が臭い。

そもそも鬼にお金を握らせて帰って頂くという発想がいかにも中華文化だし、ホンモノのお金を燃やさないあたりがひたすらセコい。

しかも燃やせば燃やすほど効果があるらしく、見栄をはる文化なのか皆競ってとにかく大量に燃やそうとする。

お得用のお札

お得用のお札

この時期のスーパーにはこの偽札の特売コーナーができ、お徳用パックをトラック一杯持ってきて日夜ボーボーと燃やすとんでもない金持ち様もいらっしゃる。

これゴミじゃなくてちゃんと買ってきたお焚き上げ用のお札。何トン買ったのだろうか。

幽霊払いにトラックいっぱい分燃やす猛者もいる

幽霊払いにトラックいっぱい分燃やす猛者もいる

地獄の門が閉じてひと安心

そんなわけで8月はひたすら煙害に耐え忍んだシンガポール生活も、9月になって平和を取り戻した。ハングリーゴーストシーズンが終わり、地獄の門が閉じたのでもう餓鬼が出て来られないのだ。

ぜひ来年は厳重に地獄を施錠していただき、いろいろ燃やすは止めてほしいな。

Comments