今年のディパバリのイルミネーションは立派だぞ

シンガポール生活
ここ数年でイチバン美しいリトルインディアのディパバリ電飾

世界の中でも祝日が少ないシンガポール。日本が15日あるのに対して11日しか無い。

まぁ有給や病欠が自由に取れるので日本より労働環境が圧倒的良いんだけど。

そんなわけで貴重な祝日である「ディパバリ」がもうすぐやってくる。シンガポールの街は祭りの装飾で盛り上がっているよ。

img_7542

Sponsored Links

リトルインディアの電飾がいい感じ

この国は電飾のトンネルを作るのが好きだ。各種イベントにあわせて、4箇所の道路に大規模なイルミネーションが施される。

  • オーチャードロード(クリスマス)
  • チャイナタウン(旧正月)
  • ゲイラン(ハリラヤ)
  • リトルインディア(ディパバリ)

僕はリトルインディアに住んでいるので、断然ディパバリの電飾を応援しちゃう。地元愛ってやつ?他の地域には負けてられない。超頑張れインド勢!!

でもやっぱ「シンガポールの銀座」オーチャードロードのクリスマス電飾が圧倒的に綺麗でね、お金かかってるしセンスもいいんだよ。ちなみに毎年日本企業「日立」がスポンサーしていらっしゃる。さすがだ。

そんなわけでココ数年、我らがリトルインディア勢は劣勢に立たされていた。一昨年なぞ、お子様の手作り感あふれるデザインで、CDがペタペタ貼り付けられてカラス避けにしか見えなかった。

くやしいのう、くやしいのう。。。

しかし見よ!今年のインド勢の本気を。これは美しい。

ここ数年でイチバン美しいリトルインディアのディパバリ電飾

ここ数年でイチバン美しいリトルインディアのディパバリ電飾

ムスタファセンターの裏手に夜店も出ているよ

ディパバリの見どころは電飾だけじゃない。

24時間営業のインド風ドン・キホーテ、ムスタファセンタ裏手の草っぱらに簡易テントが設営され夜市が開催されている。

ディパバリの夜市

ディパバリの夜市

夜市といえば食べ歩きなのだがここではあまり美味しい食べ物を売っていないし、インドの民族衣装が大量に売られているけど日本人には関係ないと思う。なので、適当に無難なココナッツウォーターでも買って、雰囲気だけ楽しむのが吉である。

img_7544

夜遅くまで営業してて美味しいのはムスタファセンターの屋上にあるレストラン。ここはオススメなので夜市の雰囲気を楽しんだらここでインド料理を食べるといい。

つまり、ディパバリの夜市は観光客をあまり当て込んでおらず、地元の南アジア系の人たちがメインターゲットだ。

マレー系のお祭りハリラヤ、中華系の旧正月、オーチャードのクリスマスが商業化されすぎて買え買え圧力にウンザリするなか、純粋に地元の人達が民族の祭りを楽しんでいる雰囲気は落ち着く。

僕はなんだかんだでリトルインディアが好きだ。

Comments