シンガポールでスケボーを乗り回すの巻

シンガポール生活

すでに終わってしまった週末を惜しみながら、そして次の週末を夢見ながらのお届け。

Sponsored Links

私とスケートボードの出会い

スケートボードを始めたのは確か、Penny Boardというミニクルーザータイプのスケートボードが女子の間で大流行していた2014年だったと思う。B系の男子が乗るアイテムだったスケボーが、女子の間でもファッションアイテムの一つとして持たれるようになった大革命。

ミニクルーザータイプは、サイズが小さいために持ち運びやすく(それにプラスチックだから、服にこすっても破けない!)、街中でも小回りが利くので移動手段にも便利。その上、カラフルな色やパターンなど、デザイン性の高いボードが現れ始めて、日本でもどーんと人気になった。もちろんアメリカよりちょっと時差をもってね。

 

その波に乗ったうちの一人が私。

 

じゃじゃーん!

BLOBEというブランドの、まっ紫のシンプルなクルーザーボード。デザインがどタイプ。購入後、YouTubeの動画なんかを見ながら毎日練習。残念ながら東京では公道での滑りが禁止されている。ボードを単に手に持って運んでいるだけで、おまわりさんから職務質問を受けたこともあった。日曜の昼下がりの吉祥寺のことでした。

そんな私の相棒は、私とともにシンガポールに移住。シンガポールのスケートボード環境は?

シンガポールでスケボー滑れるところあるの?って、ものすごくよく現地のシンガポール人に聞かれる。答えは、「基本どこでも滑れる」。

さすが、できたばかりの国なので、どの道も綺麗に舗装されているシンガポール。屋外の清掃も念入りに実施されているため、ゴミもまったく落ちていない。それに、基本的にシンガポールは土地が平らなので、スケボの敵である坂もない。これってほんと他の国では考えられない環境。だって、ヨーロッパは石畳、発展途上国は土か砂利、日本はまさかの禁止

それと、最近では電動キックボード?みたいなのがものすごく流行っていて、ほんとどっこでもビュービュー走ってるから、スケボーで走ってても通行人から嫌な目で見られることもない。むしろ小さい子達を中心に、興味を持ってくれることのが多いかも。

スケートボードするには、実に恵まれている環境。感謝。

韓国人女子スケーターのYouTube動画に一目惚れ

そんなある日、韓国人の女子スケーターが、ボードの上で華麗なステップを踏みながら街を走るバイラルビデオに遭遇。

その動画がこちら

・・・

かっこよすぎる。

普通の会社員であった彼女が、仕事のストレス発散として何となく始めたらしいスケートボード。このボードは通常のボードより長めの、ロングボートと呼ばれるタイプ。非常に安定していて、もともとダウンヒルで有名。

もはや体の一部かのように乗りこなしているではありませんか。その踊りのテクニックもさることながら、彼女のスタイルとファッション(特にソックス)も合わせて、今やものすごい人気を集めています。

ロングボード始めました

昨年その動画を見て、まんまと「私も踊りたい!」の欲に駆られた私。シンガポールでロングボードを扱っているお店を見つけ、デザインの気に入ったボードをお買い上げ。まさかの電動キックボードより高かった(爆)シンガポールではきっと需要と供給のバランスがガッタガタなんでしょう(泣)

アメリカ人のいかしたお兄さんがやっているスケボショップでゲット。

Longboard Love Board Shop

このお兄さんがものすごーーく親切で丁寧で、シンガポールでボードをお求めの際は、こちらのお店がおすすめ!

 

 

実際、ダンスに最も適したボードは身長が高く、あまり持ち運びには向かなそうだったので、デザインがとっても気に入ったこちらのボードを愛用しています。ダンス用のものに比べて、身長が低いのと、車高が低い。

ミニクルーザーでは味わえない、滑りの安定感。

少しの段差では、車輪が引っかかったりもありません。木ならではのしなりも実に心地いい。

 

 

週末は久しぶりに、この子を連れてシンガポールの街中をクルーズしてきました!

土曜日には、プンゴルのPCNを乗り回し、おしゃれカフェとビールでゴール。雨が若干降っていたので気温的にはちょうど良かったけど、地面と靴の裏が濡れていると危ないことも。何よりボードと自分の靴が、めっちゃくちゃ汚くなった。

そして日曜日には、ファーラーパークの自宅から、リトルインディアを経由してのブギス。アラブストリートで美味しいランチを楽しんで休憩してからの、ドビーゴートを経由してのオーチャードゴール。たぶん計4kmくらいかな?

 

日曜日のオーチャードは、いつもものすごい人の量なので、クルージング無理かなと思ったけど、意外にスムーズにいけました!

オーチャードの人の波をかき分けながら進む感じが、まるでハワイの波を乗りこなしてサーフィンしている感覚。ハワイ行ったことないけど。サーフィンしたこともないけど。たぶんそんな感じ。

 

スケードボードでシンガポールを旅する編、これからシリーズ化させたい。

あ、ちなみに肝心のダンスは習得できておらず。教えてくれる方を大募集中です。シンガポールでスケーター仲間増やしたいなー。

 

ネムラスケボ部の今後に乞うご期待!

Comments