ジェネリックのラーメンがシンガポールを進撃中

シンガポール生活

各地のご当地銘菓をコンビニスイーツに落とし込んだ「ジェネリック菓子」が日本を進撃している。

一方、赤道直下のシンガポールでは、現地風ながら本場日本のクオリティを追求している「ジェネリックのラーメン」が進撃中だ。

「ジェネリックのラーメン」は今後ネムラ公式ワードとしてバズらせていきたい(=^・・^=)!

Sponsored Links

新ジャンル!第三のラーメン(糖質ON)

今までシンガポールのラーメンは、大まかに2つに別けられた。

1つ目は「日本のラーメン」。シンガポールには有名ラーメンチェーンがたくさん進出しているので、大きなショッピングモールに行けば日本の味を手軽に楽しめる。

現地の材料を使って現地の人が調理しているので、日本で食べるのと全く同じクオリティでない。それでも日本人が食べても充分美味しい。

しかし割高なので僕みたいな貧民層のお財布にはダメージがデカい。

2つ目は「日式ラーメン 」。これは現地風にアレンジされた、ホーカーセンターで食べられるお手頃価格のラーメンだ。

現地の人が現地の人に喜ばれるように作っているので、日本人の評価など最初から眼中にない。だから日本人にとって、日式ラーメンはわざわざ食べに行くようなクオリティでない場合もある。

https://nameless.life/%E6%97%A5%E5%BC%8F%E6%96%99%E7%90%86%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%8C%EF%BC%9F%E6%B3%A8%E6%84%8F%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%80%8C%E6%97%A5%E5%BC%8F%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E4%B8%AD/

そんなホーカー屋台の日式ラーメンで、頭一つ飛び抜けて美味しいのがAngMoKioにある「高木ラーメン」だ。

コスパ最高の高木ラーメン@アンモキオ
シンガポールには日本のラーメン屋がたくさん進出しているのでお金さえ出せば簡単に日本と遜色ない味が楽しめる。ただ、この国でラーメンは高級料理。替え玉してギョウザでも付けたら2000円を超えてくる。チャーシュー麺なんて頼んだ日には会計で絶望する

この高木ラーメン、ホーカー屋台によくある日式ラーメンかと思いきや、手頃なお値段そのままに、日本の豚骨ラーメンを限りなく追求している。

しかもYioChuKangテニスコートまでスケボーで行けちゃう憎いロケーションもあって、テニスがあるときは毎度リピートしちゃってる。僕の糖質制限で最大の敵だ。

このように「美味いが高い」「安いがイマイチ」しか選択肢がなかったシンガポールにおいて、「美味いし安い」 高木ラーメンはこの国のラーメン界に一石を投じるまさに革命だ。

我らがネムラは、ここに新ジャンル「ジェネリックのラーメン」を宣言する(=^・・^=)!

美世界のジェネリック・ラーメン

ネムラに書いた高木ラーメンの情報を、在星ブロガーのXinさん(@xinzaixinjiapo)が引用して下さった。

シンガポール屋台(ホーカー)のラーメン屋「豚金(ぶたきん/Buta Kin)」にてSGD5.00前後のラーメンを食べてきたので感想なんかを書きます。
どうも、最近ツイッター中毒でオフライン生活の充実してなさを自覚し始めましたXin(しん)です。少し前まではそんなにツイ中じゃなかったのに。在住外国人の生活費のバブリーぶりが半端ないシンガポール。中でも特に高いものと言えば、住宅、車、酒、煙草

なんでもButa Kinという、こだわりホーカーラーメンがBeauty Worldに存在するらしい。

Beauty Worldといえば、MRT青線が開通したその日に、美女を求めて探検して以来だ。

シンガポールに移住して美女遭遇率に強い疑問を感じていた僕は、きっと美女世界という国中の美女が集められた桃源郷があるのだと仮定した。あの話である。

https://nameless.life/%E7%BE%8E%E5%A5%B3%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%A0%EF%BC%9Fbeauty-world%E3%81%AB%E5%AB%81%E6%8E%A2%E3%81%97%E3%81%AB%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F/

まぁ結局、Beauty worldはメイドのオバちゃん派遣事務所が集中するAnty Worldだったわけだが…。

はぁ…。

さて気を取り直して。

ネムラ取材班は、シンガポールの奥地に存在するという幻のジェネリック・ラーメンを求めてBeauty Worldへ飛んだ!

地下鉄でネムラ本部から20分だった。

Buta Kinラーメン

詳しい行き方はXinさんのブログでわかりやすく紹介されているので参照されたし。僕もiPadでXinさんのブログを読みながら無事たどり着けた。

メニューはこんな感じ。価格帯は高木ラーメンと同じくらいの安心プライス。カレーや丼みたいにざっくり日本っぽい料理を提供しているところが日式屋台だ。

よし!せっかくだし看板メニューっぽいのを頼もう。

スペシャル…とんこつ…うどん???

思わず二度見しちゃったけど、Buta Kinでは麺の種類にうどんを選択できるようだ。なるほど、広島のお好み焼きで、焼きそばの代わりにうどんを選択できるのと似ている。日本文化の理解があまりに深すぎる。日式ラーメンの止めどない進化。末恐ろしいぜ。

でも、うーん、とりあえず今回は見なかったことにしよう。

スペシャル・とんこつ・ラーメンはこんな感じ。うん、普通に美味い。

僕はトッピングに1ドル課金するのを躊躇しちゃう貧乏人なので、味卵がデフォでふたつ入っているのがポイント高い。そしてチャーシューのこの厚み。しかも表面があぶられて香ばしい。こういう一手間を惜しまない心意気が気に入った。

欲を言えばスープはもうちょっと濃いほうが本格的だし、麺はもう少しコシがあったほうが僕の好み。次回はバリカタで注文しよう。

中途半端な時間に行ったので店は空いていた。そこで手が空いていたおばちゃんに「美味しかったよ!」と声をかけて少し話した。このホーカーで1年ちょっと前にオープンしたらしい。だからまだ新しい店だ。月曜日定休ダーバオも可能で、その場合は麺とスープを別盛りにしてくれる。日本人のお客さんもちらほら来るという。

うん、店員さんも雰囲気良いし、ジェネリック・ラーメンに認定

お店情報はXinさんのブログを参照あれ!

他にもシンガポールで美味しいホーカーラーメンをご存知の方は是非コメントください。ネムラ取材班がミシュランばりに極秘潜入し、シンガポールが誇るジェネリック・ラーメンにふさわしいか審査致します(=^・・^=) 笑

Comments