華僑文化のお盆「ハングリーゴースト」が今年も地獄にお帰りになりました

シンガポール生活

シンガポールでゴミをポイ捨てすると高額な罰金を取られることは有名だ。

ところがみなさん、信じられますか、これは僕んちの近所の光景でございます。逮捕しちゃうぞ!

毎年8月末からの約1ヶ月間、シンガポールの至る所で紙片が散乱し、さらにそれらに火が付けられ住環境がめっちゃ悪化する。シンガポール発の大気汚染。煙いのでこの時期の観光は正直お勧めしない。

これは中元節とかハングリーゴーストと呼ばれる、東南アジアの中華文化圏で広く一般的な風習だ。帰ってきた先祖の霊をもてなす、日本のお盆のようなイベントだと認識している。

今年もようやくハングリーゴースト期間が終了し、シンガポール発の大気汚染が解消された。まぁ程なくインドネシア発なのがやってくるのだろうが。。。

シンガポールの地獄の門がようやく閉じたぜ
シンガポールで毎年8月はハングリーゴースト期間と呼ばれてる。中国語だと中元節といって、帰ってきた祖先の霊をおもてなしするんだって。日本でもお中元とかいうし、多分これ日本のお盆の元になった中華民族の風習なんじゃないかな。日本だけじゃなく中国本

去年書いた好兄弟ことハングリーゴーストの記事が未だにたくさんアクセス頂いているので、今日はこの中華文化についてその後判明した詳細をお届けします。

Sponsored Links

宗教と関係ないというけど

シンガポールに移住して最初にハングリーゴーストの風習を知った時はとても嬉しかった。「文化が貧弱」などと言われてしまうシンガポールにおいて、こんなに色鮮やかなイベントが執り行われているとは!しかも特定の寺院じゃなく、そこら中で普通の人達が儀式に興じているなんて!

早速中華系シンガポール人の知り合いを質問攻めにした。

まずはどの宗教の文化なのか知りたかったのだけど、みんな口をそろえて「宗教は関係ない」「伝統的な風習」という。そして殆どの人は「それなりに風習に従う」けど「興味はない」という消極的な文化の踏襲者だった。

まぁ無理もない。僕だって「日本のお盆は神道の風習か」と外国人に問われたら、Wikipediaに助けを求めるだろう。それでいろいろ調べると、道教(ダオイズム)と仏教が融合したものらしい。しかもやっぱり日本のお盆のルーツにもなる風習だった。

餓鬼をもてなす

日本のお盆は、先祖の霊が子孫の家に戻ってくるという。だから「あの優しかった爺ちゃん婆ちゃんが俺に悪さするわけない」などと気楽に気取って、適当にキュウリやナスで乗り物でもこしらえれりゃいい。

でもシンガポールにやってくる霊はこんな恐ろしけな連中だ。その名もハングリーゴースト=餓鬼。しかも、はるばる地獄からいらっしゃるという。すでに実刑確定してんじゃん!!

そんなわけで、中華のお盆には餓鬼様たちを必死におもてなしして、穏便に地獄に帰って頂く方向になる。中華文化圏で穏便にことを運ぼうとするなら、大切なのは現ナマである。

そこでシンガポールの街が最も汚れる中元節には、とにかくいろいろなものを燃やす。普通はこんな紙の疑似紙幣をお焚上げするんだけど、燃やせば燃やすほどご利益があるらしく、景気良くトラック1杯分をキメちゃう人もいる。

近隣住民としては迷惑極まりないのだけど、夜に通りかかると妖しい炎についつい見入ってしまうことも。

なお、この黄色い紙片は燃やさずにそこら中にばらまいたりもする。これは餓鬼がお供え物に辿り着く道標になるんだとか。

燃やすのは偽札ばかりではない。御殿やクルマも燃やす。写真撮れなかったけどiPhone燃やしてる人もいた。もちろん紙製だけどね。地獄にクルマとかファンキーなもんを持ち帰っちゃって、閻魔大王に怒られないのだろうか。

それはさておき、とにかく餓鬼様をもてなし、穏便に帰っていただきたいシンガポールの人々の熱意が伝わってくる。

餓鬼を怒らせるNG行為

もてなしはお供え物だけではない。

この時期、街のあちこちに即席の舞台(歌台=グァダイ)が設置され、よくわからない即席のオババが夜遅くまで即席の奇声を響かせる。近隣住民としては迷惑極まりない。僕は聴覚過敏持ちなので、見た目も声もジャイアンみたいなオババが歌い出すとメンタルを削がれる思いだ。ボェェェ!!発達障害持ちは耳栓必須。マジ観光にはオススメしない。

とはいえこの「ジャイアン・リサイタル」も餓鬼様に楽しんでもらうためのものだ。俺が餓鬼だったらその場にいる全員を一撃で呪ってワキガにしてやるけどね。

ジャイアン・リサイタルはそこかしこの空き地で開催されているので、聴きたいかどうかは別にして、誰でも無料で観客席に座れる。そんな酔狂な人はネムラ読者にいないと思うけど、座席の一番前の列には絶対座ってはならない。

最前列は餓鬼様の特等席なのだ。ハングリーゴーストを信じない外国人だとしても、マナー違反で儀式を台無しにする行為は周りの地元民から怒られるであろう。

他にもハングリーゴースト期間にはNG行為がたくさんある。

長いこと放置してた部屋にはノックして入る。ホテルとかね。餓鬼様がねぐらにしている可能性があり、邪魔すると呪われてしまう。

ボットン便所では声をかけてから用をたす。餓鬼様がねぐらにしている可能性があり(マジ!?)ウンコをふりかけると呪われてしまう。

人の悪口を言わない。餓鬼様は被害妄想が激しいらしく、誰かにいった悪口を自分のことと捉える可能性がある。 とくにニオイについてはNG。ボットン便所に住み着くくらいの餓鬼様なので、とても臭いらしい。そこら辺で臭いとか言うと、餓鬼様が怒って呪われてしまう。

夜遅くに出歩いているのもNG。徘徊する餓鬼様に呪われる。Jessicaさんはもうガッツリ取り憑かれているの確定だね(=^・・^;=) 美人も好きらしいよ。

陰陽学

NG行為の続きなのだけど、興味深いことにハングリーゴーストの風習には陰陽学も影響している。陰陽学っていうのは「根菜を食べると身体があたたまる」「熱を出したらフルーツを食べる」みたいなやつだ。

ドリアンとビールの食べ合わせで死ぬっていう有名な迷信も、両方とも「強い陽」なのでオーバーヒートになるという理論だ。

https://nameless.life/%E3%80%90%E4%BA%BA%E4%BD%93%E5%AE%9F%E9%A8%93%E3%80%91%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A7%E6%AD%BB%E3%81%AC%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%83%9E%E3%82%B8%EF%BC%9F/

本場中華文化圏の陰陽学では食べ物だけじゃなく、ありとあらゆるものを陰と陽に分類している。そして餓鬼様は「陰」なので、同じ「陰」のものに取り付いている可能性が高いという。

だから、この時期、そこら辺に落ちているものを拾ってはいけない。餓鬼様を家にお持ち帰りして呪われてしまう。「陰」に分類されるものの代表に雨傘がある。餓鬼様は是非日本に進出していただいて、我が物顔にビニ傘パクっていくゴミクズ共を漏れなく呪ってほしいね。

餓鬼に目をつけられると…

まぁこんな風に中華系シンガポール人たちは、毎年結構な額のおカネと労力をかけて餓鬼様をもてなし、穏便に帰って頂くのだ。すると、もしこういう所作を怠って、餓鬼様のタタリにあったらどうなってしまうのか。

いろいろ災いが起きるのだけど、身内の不幸とか「ありきたり系」以外で面白かったのが「パラレルワールドに飛ばされる」ってやつ。

シンガポールには現実世界と並行して、日常のほんの薄膜一枚向こうに存在する異世界があると言う。

さすがシンガポール。やばい。

この世と並行して存在するそんな裏世界に飛ばされてしまうと、自分は世界が見えるけど、世界からは自分が見えない、透明人間のような状態に陥るという。

これは日本の神隠しの概念とも違ってて面白いなと思う。薄膜を挟んでそこにいるのに、周りの人からは一切見えない。けれど自分からは慣れ親しんだ人達が見える。全員に無視される世界。

なかなか怖いけど、女子風呂とかのぞき放題でそれはそれで良くないかな?

そんな感じで

餓鬼様の呪いは結構ガチなので、中華系シンガポール人の多くはこの風習に従って生きている。シンガポールというとお金を稼ぐのに必死で、文化や芸術を忘れているような印象を持っている人も居ると思う。

ところが僕が自分の足で周りの人達から情報を集める過程で感じたのは、自身のルーツである中華文化への畏怖だった。「よくわからないけど従っといた方がいい」そんな感じ。

ハングリーゴーストの風習は、これからも脈々とこの地に受け継がれていくのだろう。

Comments