ロッテルダムの家電量販店でApple Payできなかった

オランダ生活

ししもんは悲しい(=^> <^=)

大きな店でApple Payが使えないと、怒りを通り越して虚しくなる。デジタル化が進まないと言われる日本が超先進国に思えるほど、オランダは立ち遅れている。

例えばeSIMをサポートする携帯キャリアが国内に1社も存在せず、ヨーロッパでは例外的にApple Watch単体でLTE回線に繋ぐ仕組みがない発展途上国だ。大手であるING銀行が発行したデビットカードをようやくApple Payに対応させたものの、それがつい去年。

Apple Pay を使える店自体がまだまだ少なく、オランダはデジタル発展途上国と言われても仕方ない。

コレに関してはオランダ国民もイラついており、なぜウチの国ではApple Watchでネット出来ないんだ!という不満が、デジタル系の情報サイトにオランダ語で書かれていた。スポーツが盛んな国だけに、Apple Watch単体で電話やメッセージを受ける需要が高いのである。

お隣のドイツはとっくの昔からeSIMでの契約が可能なので、オランダのデジタルオタクがドイツに突撃して海外ローミングを試みるも、実はeSIMは海外ローミング禁止でブチギレてたり。オランダ語のネットコミュニティは結構面白いのかもしれない。

社会システム自体はとても効率的に組んであるのに、どうしてITだけこんな惨状なのか。

理解できない。

今日は掃除機を買いに街まででかけた。台湾で一目惚れしたロボット掃除機。お目当てはコレである。前もって調べておいた家電量販店にいき、インドネシア系オランダ人の店員さんから丁寧にアドバイスをうけ、いざレジに iRobotの一番安いヤツを持っていくと、Apple Payで払えませんと。

家電量販店でApple Pay使えないとかどういうことですか(=^・・^#=)

僕は財布をよく無くすので、Suica的な電車カードに無くしても後悔しない5000円くらいを貼り付けてポケットに入れている。だから結局、ロボット掃除機を買えなかった。

ししもんは悲しいのである (=^> <^=)

Comments

Copied title and URL